2010年05月07日

防水機能 その2

ムーブメントを水分から保護する仕様のケースを装備した腕時計を防水腕時計と呼びます。
現在では一般に市販されている腕時計の多くが、何らかの防水仕様を備えています。

腕時計の防水機能は、「気圧」もしくは「水深 (m/ft)」で表される。基本的には、小雨に打たれたり日常の水仕事で水がかかっても大丈夫というレベルの「日常生活防水」(3 - 5気圧防水)、水泳や潜水などで着用する10 - 20気圧防水、そして本格的なダイビングに使用される潜水用腕時計(数百メートルから極端なものでは一万メートル防水も)までさまざまなレベルがあります。

「3気圧防水」と言っても、「水深30メートルまで潜っても大丈夫」というわけではありません。
この気圧は、静止した状態でこの水圧に耐えられるという意味であり、水中で勢いよく腕を動かせば浅い水中でもこれ以上の水圧が腕時計にかかることになります。
従って3気圧防水程度では水泳時に着用すると浸水する恐れがある。水深で表される場合には実際に表記どおり潜ることも可能な性能を持つが、メンテナンスを怠ると性能を充分に発揮できずに浸水する場合があるので、注意を。

時計の事なら、「時計専門店 ウォッチワン(本店)


【関連する記事】
posted by うぉっちわん at 00:12| Comment(0) | 防水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。